プロポーズ前にちょっと立ち止まって考えておきたい事

どんなシチュエーションでプロポーズするか

まず考えておきたいのは、自分の自己満足にならない様にする事です。プロポーズは一生の思い出になる事です。プロポーズを受けるのは彼女であるので、彼女が最大限に喜ぶ・感動するシチュエーションを考える事が核となるべきです。その核から、いつ・どこで・どのようにと選択肢を作り上げていく事が望ましいと思います。

婚約指輪についての考えを知っておく

近年、婚約指輪を用意する男性や欲しがる女性は減少傾向にあるとよく聞きます。やはり高価なものである上、これから始まる長い結婚生活においては結婚指輪をしている時間の方が圧倒的に長くなる事もあり冷静になって考えてみれば敬遠及び遠慮したくなる気持ちもよくわかります。これからプロポーズをする事を考えている男性は事前にさりげなく彼女に対して婚約指輪についてどう考えているか確認をしておく方が良いでしょう。確認が難しい場合はプロポーズと同時に結婚指輪を渡すシチュエーションを避けるのも1つの手です。プロポーズを受けた後の方が彼女の婚約指輪に対する本音がよくわかると思います。

失敗しないプロポーズ

「この人と結婚したい」と言う自分の思いばかりを第一に考えてはいけません。彼女が自分をどう思っているのか、自分が彼女と結婚する上で足枷となってしまっているものは何かないか等今一度客観的視線で考えてみる事が大切です。彼女が望む未来はどんなものなのかをよく考えてみて、その未来に自分がフィットできるかその未来を作り上げる事ができるかどうか今一度考えてみるべきです。

プロポーズとは、結婚を申し込むことをいいます。形式は人それぞれですが、一生の思い出にも残る大切なものです。